立て爪リングを毎日使えるように変身。

なんでFAXってなかなか淘汰されないのか。

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

営業広告がFAXで届くのが一番腹が立つ。

 

 

 

彫金業界も古いところは、未だFAXで注文してください、とかだし。で、お役所関係もそう。郵送かFAXとか。

 

 

 

えーっとですね、時代はドラえもんを超え、バックトゥザフューチャーも超えているわけ。インスタントに世界中とサクサクやりとり出来てるわけ、なんなら無料で。やりとりで邪魔になってくるのは、時差くらいなんじゃないか、と。

 

 

 

そこへ、FAXってねぇ。。しかもビジネスシーンで。。。

 

 

 

でもね、こちらに届くFAXの撃退法(受信しない)を見つけたので、今のところイライラが減って快適です。

 

 

 

ただ、「また来た」っていうのはわかるので、もうね、憂いすら感じているわけ。

 

 

 

 

で、こちらもそうです。

 

 

 

 

立て爪リング。

 

 

ある時期に一世を風靡したのか?ってくらい、たくさん見かけます。そして、その持ち主が100%言うセリフがあります。

 

 

 

「邪魔で毎日付けにくい」と。

 

 

 

ですよね。

 

 

 

で、以前、もう何例やったのかってくらい、「ダイヤの背を低くする」リフォームのご相談。

 

 

 

先日、何年ぶりか、くらいにご依頼を頂いたので、またご紹介いたします。

 

 

 

先ほどのリングをできる限り低くすると、こうなります。

 

 

 

 

もうちょっと低くいけるかな、と、当初は予想していたのですが、実際のダイヤが思いのほか大きかったので、爪の作りと相談しながら一番低くできるところまで。

 

 

 

これなら毎日付けられる!と、ご依頼主さまは大喜び。

 

 

 

 

立て爪の時より、今の方がダイヤが大きくキレイに見える気がします。

 

 

 

こちらのリフォームは、2万円(税別)にて承っております(デザインによっては変動する場合がございます)。

 

 

 

また、切り取ったツメの部分の買取も可能、お会計の際に差し引くこともできます。

 

 

 

家で眠っている立て爪ダイヤを無くしたい、折角のダイヤを毎日キラキラさせてあげたい、そんな想いにかられる今日この頃。

 

 

 

お持ちのものがあれば、是非。遠方の方も郵送などで対応可能です。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 14:13, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

オーダーのお品、鳥かごのネックレス

ひっそりと腹筋始めました。ひっそりと、それはひっそりと。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

数年前にガツンと痩せたのですが、着々とリバウンドしておりまして(小声)。

 

 

 

ここでまた一念発起、マリオンコティヤールになります(まだあきらめてない)。

 

 

 

さて、今日はですね、今まで頂いたオーダーの中で一番ビッグサイズのネックレスのご紹介。

 

 

 

鳥かごのネックレス。

 

 

 

 

 

 

大きい鳥かごのネックレスが欲しい、とのご依頼。

 

 

 

なんとだいたい手のひらサイズ。

 

 

 

でね、ブローチにもしたい、とのこと。ネックレスも、短く着けたり長く着けたりしたい、と。ツルっとして邪魔にならない半球型(少し立体)のデザインがいい、ダークカラーの服が多いからそれに合うように。

 

 

 

 

お任せください。

 

 

 

 

まず、立体的な構造に。

 

 

気持ちぷっくり。あまり背が高いと、身に着けた時にひっくり返っちゃうから、うっすら平をキープね。

 

 

 

 

で、ご予算がたっぷりだったので、石を埋め込んあります。でも、真鍮の色を邪魔しない色の石。デザインに溶け込むけど、太陽の光を浴びるとキラリをするイメージで。

 

 

 

わかんないくらいがちょうどいいので、見つけてみてください☆

 

 

 

あれ?鳥が飛んでっちゃった??

 

 

そうなんです、こちらですね、「ブローチとしても使いたい」というご要望を、ひねりにひねって考えてみました。

 

 

 

というのも、こちら大きい作品なので、それなりに重みもあります。

 

 

 

これをそのまま胸元に着けると、洋服ごとズレるかな、と。あと、ネックレスで使っている時に、ブローチ金具がどうしても見えてしまう。

 

 

 

なので、鳥を自由にして胸元にも飛んでいけるようにしました。

 

 

 

ピンタイプのブローチにしました。

 

 

おかえり〜☆

 

 

ちなみに、鳥がいる状態だと、鳥のパーツ部分が横に少し揺れます☆シリコンを挟めば揺れない仕様もOK。

 

 

 

 

鳥パーツを付けた時にも全体でまとまるように、鳥かごの中でどう見えるかを、実は細部まで計算して作りました。

 

 

 

着けるとこんな感じ。

 

 

 

 

 

これ、ロングバージョン。

 

 

黒いワンピースとかにいいアクセントですよね。

 

 

 

鳥かご、いいかも☆ネックレスにしなくても、壁にかけておいても可愛いですよね。

 

 

 

ご依頼主さまにもとても喜んでいただけました。そして、とてもお似合いでした☆

 

 

 

なかなか大きいものを作るのは、オーダーじゃないとしないのですが、このご依頼は緊急事態宣言直前に頂いたもので、実は自粛中に工房に籠もってあーでもない、こーでもない、と、頭の中で組み立てたり、試作をたくさん作ってかなり試行錯誤(時間がたっぷりあったからね(笑))、自分の中もで新たな製法というか、初の試みをしてみて(もちろん試作を重ねてからね)作ったものです。

 

 

 

こちらのオーダーを頂いたことで、いろいろと勉強させてもらいました、またデザインの幅が広がりました、ありがとうございました。

 

 

 

また、時期的にも、本当に心の支えになりました。

 

 

 

そして、皆様から頂く様々なご依頼(無茶ぶり?(笑))に全力でお応えすることで、確実に成長させてもらっている、と改めて思いました。感謝しかないです。

 

 

 

いやはや、自粛したかいがあった?

 

 

 

もう嫌です!(笑)

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 18:18, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

6月も終わり、、サムシングブルー。

昨日は友人とスタバのテラスでまったりしてからの、絶品ローストビーフ丼をテイクアウト、からの公園でピクニック、なんてね、さわやかなことをしてみました。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

やっぱりプラスチックに入ったご飯(お弁当)は、家で食べるとちょっと味気ないけど、外で食べると2倍も3倍も美味しくなりますねぇ。

 

 

 

テイクアウトが充実してるのは今だけだし、さわやかな季節も今だけ、蜜を避けて外で食べようっていう発想も今だけなんじゃないかな(^^)

 

 

 

今だけできる楽しみを一つ発見しました☆皆さんも是非お試しください☆

 

 

 

さて、そんなこと言ってても、もう6月が終わり。

 

 

 

6月と言えばジューンブライド。でもね、今年はそれがなかなか難しい。

 

 

 

娘さんがジューンブライドを予定していて、でも、悩んで悩んで式は中止にした、というお客様。

 

 

 

式場は取ってあるから、親族だけで写真を撮ろうということに。

 

 

 

でね、「何か青いもの」を探しに来てくれました。

 

 

 

花嫁が身に着けると幸せになる、っていう、「サムシングブルー」です。

 

 

 

 

でもね、残念ながら青いものの在庫がなく、、、

 

 

 

 

でも、写真撮影まで1週間ある、ということで、今ある在庫のネックレスの石を青い石に交換することにしました。

 

 

 

 

ブルーサファイア。

 

 

 

しかも、娘さんの誕生石。式が終わっても、普段使いにできますね。

 

 

 

このガーネットが留まっている、ダブルリボンのネックレス、ガーネットの赤を外して、青に交換すると、、、、、

 

 

 

 

ぐっと大人っぽい印象に!

 

 

 

サファイアは引き締めますねぇ。このサファイア、ブルーが深いのなんのって。

 

 

ちょうど素敵な青のサファイアがあったので、当日の花嫁さんの幸せのひとかけを担う役目に任命。

 

 

 

コロナに負けず、いい一日だったね、ってご家族みんなの記憶に残る素敵な記念日になったことをお祈りしております。

 

 

 

こんな感じで、店頭に並んでいる商品の石を変更したり、なんてこともしております(こういうご依頼、結構あります☆)。

 

 

*カットやサイズ、デザインによってはできないものもあります、また、別途追加料金がかかる場合があります。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 15:21, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

デザインのお持ち込み、オーダーネックレス。

今朝、スパコンのニュースが出ましたね。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

世界一の頭脳が集結したもはや人知を超えてくるのかと思うのですが、それを「スパコン」って。

 

 

 

略名がダサすぎやしませんか?と(笑)。

 

 

 

スーパーコンピューターの略だというのは承知してますが、世界一のスパコン!って言われても、おもちゃ感がすごい(笑)。

 

 

 

その富岳に、「OK、富岳、呼ばれたいカッコいい名称はある?」って聞いてみたら?(笑)。

 

 

 

さて、今日はですね、オーダー品のご紹介。

 

 

 

今回は、お客様がご自身でデザインされて、それを元に再現した流れです。

 

 

完成したものがこちら。

 

 

 

 

丸いところはツタがはっているようなイメージ、そこから、重なるようにチェーンを垂らして先端にラズベリー色の石が揺れる、そんなデザイン画を頂きました。

 

 

 

なかなかの再現率でしょ☆

 

 

チェーンの垂らし方なんかは、私からは出ないアイデア、とっても新鮮で勉強になります。

 

 

 

石は、インカローズとピンクトルマリンにしました。イメージは、ペコちゃんキャンディーの色、ということで(笑)、この2石に。キャンディーっぽく見えるように、ピンクトルマリンはカットのないカボションに。

 

 

 

緊急事態宣言が出たあたりに頂いたご注文で、この状態がいつまで続くかわからないから、未来にひとつでも楽しみを作りたい、仕上がりを楽しみにこの状況を乗り切りたい、という、私にとっても大変ありがたいタイミングでのオーダーでした。たっぷり時間も取れましたし(笑)。

 

 

 

素敵〜☆イメージ通りのものが出来上がったので、大変喜んでいただけました。

 

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

完全にデザインのお持ち込みのご依頼は久しぶりだったのですが、こういう職人的なお仕事も楽しいです。細かいところは、こういうのがお好みかな?というのを想像しながら、にやにやしながらね(笑)。

 

 

 

 

デザイン画をお持ち込みでも、デザインをお任せ、でも、オーダーのご依頼はお気軽に☆

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 12:08, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

シンプルでクールなブレスレット、オーダーのお品。

オリンピックも高校野球もない夏なんて、ただの暑い日々でしかない。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

そして見たい映画も軒並み公開日が後ろ倒しだし、そしてテラスハウスもあんな感じで終わってしまい、、、。

 

 

 

楽しみが何もなくなってしまったので、この夏を乗り切れるか心配しております。ただの暑い日々をマスクで乗り越えられるか。

 

 

 

さて、そんな中でも頂いたご依頼に対して、お渡しするときにどうしたら喜んでもらえるか、どう驚かせられるか、などなどを真剣に考える楽しさは、何があっても不変。

 

 

 

だから外がうだるように暑くても大丈夫(な気がする)。

 

 

 

今日はオーダーのお品のご紹介。こちらはちょっと前にお渡ししたバングル。

 

 

 

 

シルバーの槌目のバングル。ちょっとボリュームを持たせて、カッコいい感じに。

 

 

 

そして、バングルが落ちるのが心配、ということで、チェーンので留める仕様に。

 

 

 

シンプルなデザインの中に、ボリュームのあるチェーンにして、全体のアクセントに。

 

 

 

 

シンプルな槌目はかっこいいなー。素敵だなー。

 

 

 

キレイめなメンズアクセサリーってあまりないんですよね。たまに男性のお客様でご相談があるのが、ごついシルバーじゃなくて大人っぽいメンズのシルバーアクセが欲しい、ということ。

 

 

 

いつかやりたいなーと心の中ではずーーーーーーーっと思っている、「メンズのオトナシルバー」。

 

 

 

でもね、これはこれで難しいのです。

 

 

 

そもそも男性はアクセサリーを身に着ける絶対数が少ないうえに、シルバーが好き、っていう人の多くは、スカルとかクロスとかボリュームのあるごつめのものを好まれる。

 

 

 

そこに、スーツとかでもさらっとかっこよく付けられるアクセサリーあり〼、なんて、言わずもがな、ハードルが高いのです。

 

 

 

でもね、いつかやりたい。

 

 

 

と、改めて思わせてくれたオーダーのお品でありました。

 

 

 

 

楽しかったです、ありがとうございました&とってもお似合いでした、たくさん使ってたくさん味をだしてくださいね〜!

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 11:38, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

切子アメトリンのオーダーリング

先日、ある方からとても親切にされました。感動して泣きそうになりました。

 

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

 

それでね、思ったんです、この頂いた気持ちをここで留めてはいけない、と。

 

 

 

 

そう、pay it forward です。ハーレイジョエルオスメントくんです。

 

 

 

 

でね、1優しさをもらったら、同じだけを3回他の人におすそ分けしよう、と決めました。

 

 

 

 

逆コロナ?です、優しさを感染させよう。

 

 

 

 

この映画を観たときに、なんか偽善っぽくてやだな、と思ったけど、でもね、あーあの人にあの時こうしてあげれば良かった、とか思うことが多々ある。日頃から意識していないとできないこともある、と、最近は思います。続けていけば、無意識に人に優しくなれる。とっかかりはたとえ偽善っぽくたっていいのです。

 

 

 

今2回、おすそ分けをしました。あと1回。でも、また優しさを貰ったら、x3配ります。

 

 

 

 

鶏脳の私です、数はそのうち忘れちゃうかもしれないですが(笑)、こんな世の中、少しでも優しさが広まれば。

 

 

 

みなさまもやってみませんか?自分の心もすっきりしますよ。

 

 

 

 

さて、とっても素敵なものができた時にも心はすっきりします。

 

 

 

 

お客様お持ち込みのとーーーーーーっても素敵なルース。

 

 

 

 

なんと、切子模様が入ったアメトリン(アメシストとシトリンが一緒になった天然石)。

 

 

 

 

それをリングにして欲しいとのご依頼。

 

 

 

いくつかデザイン案をご提示して、最終的に決まったのがこちら。

 

 

 

「ツタ」のリング。

 

 

 

まずね、石が素晴らしい。素敵な切子模様が彫ってあって、結構大き目。そして、アメトリンの真骨頂、色のグラデーションが秀逸。

 

 

 

シンプルで、切子を引き立てるのもいいのですが、切子を邪魔しないように一体化させるようなデザイン。

 

 

 

腕の部分から延びるツタでぐるっと石に巻き付けました。

 

 

 

 

でね、これ、実はですね、切子を邪魔しないように、そして、光を遮断してしまうとこの綺麗さが半減してしまう。

 

 

 

ということで、結構、結構、結構ですね(笑)、考えられたデザインなんです。

 

 

 

例えば、裏。強度なんかを考えると、もうちょっと切子が隠れちゃうのですが、違うところで強度を保つことで、この裏抜き。

 

 

 

 

 

 

 

でね、このアメトリンは、表面はローズカット風。

 

 

 

 

そこに上手にツタが這うように、こちらもなかなか計算してデザインしてあります。

 

 

 

なかなか、ぱっと見ではわからないようなところにかなり時間と熟考を重ねて作りました。

 

 

 

 

まぁ、そんなことは、作り手だけのニヤニヤポイントなので、ここだけの話。

 

 

 

 

着ける方にはこのアメトリンの生まれ変わった姿をご堪能して頂きたい。

 

 

 

とっても気に入って頂けました。こんな素敵な石に携わることができて幸せでした、ありがとうございました(^^)

 

 

 

私もお気に入りです。

 

 

 

K18YGです。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 13:54, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

結婚指輪&ベビーリング

緊急事態宣言が発令したら、普通の会社はどうなるのかな。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

ジュエリー関係の外注先と仕入れ先はほぼほぼ都内なんだけど、そこが止まっちゃったら、うーん、、、。

 

 

 

っていう、私の懸念なんてどうでもいい、外注先や仕入れ先の方の安全を第一に考えて頂きたいのですが、「どうなるか」を先に知りたい。

 

 

 

っていうか、たぶんその人達も「どうなるか」はまだ知らないんだろうな。

 

 

 

我慢、我慢。

 

 

 

 

そんな時は、素敵なものをみてやり過ごす。

 

 

 

 

先日、お渡しした結婚指輪。

 

 

 

 

 

K18WG、シンプルに、女性の方は再度にミル打ちのデザイン。内側に誕生石を埋め込みました。

 

 

 

シンプルなので、年齢問わず着けられるし、他のリングと重ね付けもしやすいし。

 

 

 

でね、途中でもう1本追加オーダーを頂きました。

 

 

 

 

ベイビーちゃんご誕生☆

 

 

 

おめでとうございます、が、x2、ということで、とってもとってもおめでとうございます☆な、ご注文でした。

 

 

 

実は、もう何年もご愛顧いただいているお客様。結婚するならここでリングを、とおっしゃっていただいて、とっても嬉しかった。

 

 

 

なんかね、この仕事をしているといろんな方の人生の節目に関われることがとっても嬉しい。ジュエリー店ならではかな、と。

 

 

 

そしてですね、実はね、ワグハウスのお客様は、美女が多い。それも2度見しちゃうくらいの。そして、もれなく中身も素敵なのであります。

 

 

 

いつかその美女の方々を集めて、ワグハウス坂46とか作ったら、もうね、大変なことになるんじゃないか、っていうのを秋元康目線で妄想をしてます(笑)。

 

 

 

その中でもセンター候補のうちの一人でもある今回のお客様、初めてお会いした時は、若くて可愛らしい☆っていう印象でしたが、だんだんと、あれ?綺麗になった?ってなって、先日リングを取りにいらした時は、すっかりママの顔でした。

 

 

 

これからも素敵に人生を歩んで行くんだなーと。

 

 

 

ほっこり。

 

 

 

末永くお幸せに!

 

 

 

ごきげんよう。

ISD

at 13:39, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

ベビーリング

ピアスが気づいたらない、っていう事例が多発。

 

 

 

片方ね。

 

 

 

この間なんて、ひどい。

 

 

 

ピアスのフックだけ耳にかかっててね、モチーフだけ紛失っていう。

 

 

 

ほほー、ジュエリーデザイナーともなると1周回って、モチーフなし、っていうなんとも尖った感じになるのか。

 

 


 

こんにちは、アバンギャルドISDです。

 

 

 

 

これに関しては、耳たぶが薄くて耳たぶの下の方にピアスホールがあるもんだから、フックで通した後にぐっとフックを変形させて耳にフィットさせていた時にマルカンも変形し、モチーフが落下、っていうね。

 

 

 

ピアス歴1年半、だんだんとピアスとの付き合い方が分かってきた気がします(笑)。

 

 

 

さて、今日はですね、密かなベストセラー、ベビーリングのご紹介。

 

 

 

 

 

生まれた日や記念日の指輪のサイズでお作りしております。

 

 

 

 

 

あれ?赤い石の向き?

 

 

 

と、いうのも、これはですね、ベビーリングをペンダントヘッドとして使いたい、という方のために。

 

 

 

 

ネックレスに下げた時に石が見えるように加工したもの。

 

 

 

 

もちろん、内径は、ご指定のサイズでお作りします(石を斜めにする加工の場合は、構造上、リング内が真円にならないので、指に着けていただくことはできません)。

 

 

 

 

 

こちら、3種類のデザイン、3色の色からお選びいただけます。

 

 

 

A:ピンクゴールドxクッション

 

B:ホワイトゴールドxねじねじ

 

C:イエローゴールドxベーシック

 

 

組み合わせは自由。お子様の誕生石の色と合わせてもいいですよね。

 

 

 

価格は、販売開始当初から変わらず18000円(税別)。

 

 

 

もう一つ、ベビーリングで多いご注文は、ご両親の結婚指輪のデザインでベビーリングに、というもの。

 

 

 

ミニチュアで可愛いです☆

 

(当店以外でお求めの結婚指輪でも可能です)

 

 

こちらは、25000円からのお見積りです(K18の場合)。

 

 

 

 

 

きゃ、きゃわゆい☆

 

 

 

ご出産祝いに、また、お誕生日の節目に、お子様の成長のあかしをジュエリーに残してみませんか?

 

 

 

お問合せ、ご相談はお気軽に☆

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 14:37, waghouse, オーダーの品々

comments(2), -, - -

ブレスレット。ご注文品。吸い込まれそう。

ちょっと前にテレビで、橋下さんがいいこと言ってた。

 

 

 

えー、なんで自粛しないの!?って思わないで、

 

 

 

「みんなに感染させないように、自粛してくれてるんだね、みんなのために痛みを負担してくれてありがとう」って。

 

 

 

みんながそう思えばいい、って。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

極端なことばかり言う印象ですが、心が優しい人なんだな、って思いました。

 

 

 

器の小さい私は、例えばイベント決行!に、おいおい空気読めや、って思ってた節がありましたが(笑)、視点を変えたらとっても楽になりました。

 

 

 

年末から膨らみ続けるこの業界の先細り感や、このコロナで先が見えない感に押しつぶされそうでしたが、少し救われました。

 

 

 

ふとした人の言葉に救われることも、地球の色に救われることもあります。

 

 

 

いつもご愛顧いただいておりますお客様の持ち込み天然石、ブレスレットにして欲しい、とのご要望。

 

 

 

素敵な色の石をたくさんお持ちで、いつも通り、デザイン相談、デザインのご提案、などなどを経て出来たのがこちら。

 

 

 

 

 

少しグレーかかった深いグリーンがとっても綺麗な天然石(種類は不明)、吸い込まれそうな妖艶な輝きのあるペリドット、これ、ずっと見てられる。

 

 

 

これをね、ブレスレットに。

 

 

 

不揃いな感じがお好き、ということで、グレーグリーンの石は不揃いの枠で囲いました。ペリドットも同じ感じにしようと思ったのですが、まず、トライアングルのカットが珍しいこと、色がとんでもなく綺麗なこと、つまり、何かを足すと魅力が薄れてしまうんじゃないか、と。

 

 

 

で、ペリドットは、素で勝負。

 

 

 

でね、着けてる時に依れたりひっくり返ったりしないように、大き目なマルカンでつなぎました。大き目マルカンもデザインのひとつ。

 

 

 

 

 

魅力的な石の邪魔をしないで、引き立てる。そして全体的にお客さまのお好みに仕上げる。

 

 

 

うん、よくできた☆

 

 

 

お客さまにもとっても喜んでいただけました。

 

 

 

お客さま持ち込みの石なので、どう転んでも自分のものにはならず(笑)、いつまでも眺めていたいのですが、それからというもの、ミドリの石を夜な夜なハントしております(笑)。

 

 

 

春もすぐそこだしね、ミドリの石、いいかもです。

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 13:19, waghouse, オーダーの品々

comments(0), -, - -

オーダーの品、「浮遊」ダイヤのシンプルリング

「あなたの番です」にすっかりはまって、自分なりに犯人捜しをしております。

 

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

 

xx実は○○説、xx二重人格説、などなど、ネットでもいろいろ出てますね。

 

 

 

 

でね、私がずっと前から推しているのが、「マナカナ双子説」(説ではないけど(笑))。

 

 

 

 

袴田吉彦の扱い方もあるので、この説も案外いけるのではないか、と。

 

 

 

 

今ドラマに出ているのが、マナなのか、カナなのか。

 

 

 

 

毎回入れ替わっていたりして、、、。最近、ちょっとヒステリックなやばい感じになってるしね、どんでん返し的にはまんざらなしではない展開だけど、広げきった風呂敷をたたむにはちょっと(だいぶ)弱いか(笑)。

 

 

 

 

その辺は秋元康の力技でなんとか。

 

 

 

 

とりあえず次回、横浜流星くん(はぁと)が無事であることを祈って、、、(そういう目線でも見てる(笑))。

 

 

 

 

さて、「マナカナ双子説」を予言しておいて(笑)、今日はオーダーリングのご紹介。

 

 

 

 

シンプルな、ダイヤモンドの一粒リング。

 

 

 

 

でもこのダイヤモンド、「浮いて」ます。

 

 

 

ちょっぴり大きい石座に、ダイヤを「浮かせて」留めます。

 

 

 

こうすると、ダイヤの両脇からぐいぐい光が入ってきて、石座も大き目に作るので、ダイヤが大きく見えます。

 

 

 

というか、ダイヤのポテンシャルを最大に生かす、というか。

 

 

 

 

 

この浮かす留め方、大好き。

 

 

 

誰に教わったわけでもなく、こうしたら可愛いなーっていうのを試行錯誤したら「浮かせる」ことに成功。なので、オリジナルなのかな、まぁ、正統派(学校で教わるような)な作りじゃないと思うからそうなるかな。

 

 

 

何気に浮かしているデザインのものはオーダー品に使うことが多くて、石がきれいに見える、とお客様から好評です。

 

 

 

このリングのご依頼主さまも、この「浮かす」タイプのリピーターさまで、今回も「浮かして」光をたくさん取り込めるように、とのご所望でした。

 

 

 

改めてみると、いいなー、これ。

 

 

 

石に高さが出るデザインも可愛いですよね。いわゆる「立て爪」ほどではなく、ほどほどに背が高い感じね。

 

 

 

ラインナップに入れようかなー。

 

 

 

わくわくしてきたので、今日はこの辺で。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 11:32, waghouse, オーダーの品々

comments(0), trackbacks(0), - -