彫金教室生徒さんの作品紹介。K18のシンプルペンダントヘッド。

5月とか6月とか、こんなに暑かったっけ?

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

もう何回5月を過ごしてきたのかわかりませんが、毎回初めてな感覚です(笑)。

 

 

 

あと、こんなに日が沈むのが遅かったっけー、とか、たぶんこれからも毎年驚くんだろな、と思います(笑)。

 

 

 

今日はですね、彫金教室生徒さんの作品。

 

 

 

ご自身でお持ちのサファイアにシンプルにK18で座を作りました。

 

 

 

 

 

光をたっぷり入るように、2段の石座に。

 

 

 

こちらの方は、プロ志望の方。販売を視野に入れてのご入会。

 

 

 

まだまだ数を作っていないので、これからどんどん上手になっていくことと思います。

 

 

 

こちら、お手持ちの黒い石と重ね付けが相性が抜群でした。

 

 

チェーンを通すバチカンもマルカンも全部お手製。

 

 

石に重きを置きたい場合は、デザイン性をあえて省いた、シンプルでベーシックなものがいいですね。

 

 

 

今後が楽しみです。頑張ってくださいね!!

 

 

 

当彫金教室は、プロ志望の方はもちろん、趣味で作りたい方、初めてだけど興味のある方、さまざまな方のニーズにあわせてレッスンをすすめていきます。

 

 

 

ご興味のある方は、是非ご連絡ください。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 16:27, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。石から研磨!の素敵バングル。

韓国の大統領の挨拶を聞いたんだけど、「偉大なる」って言葉が好きね、韓国の人って。

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

北朝鮮でもあのアナウンサーを見るたびに何度も言ってる気がする。

 

 

韓国語と日本語ってかなり近いと言われてるから、訳しにくいわけじゃなさそうで、ってことから考えると、単語のチョイスの仕方が全然違うんだなーって。で、そこんところって結構国民性の根っこのあたりにあるファクターなんじゃないかなと思うわけです。

 

 

思わぬところで言語フェチをツンツンしてきた大統領選ですが、直接国民投票で国のトップを決められる、っていうのは、若干羨ましくもあります。

 

 

 

さて、今日はですね、彫金教室生徒さんの作品。

 

 

 

二股のバングル。

 

 

 

結晶化した石が素敵です。

 

 

真鍮でベースを作り、ピンクゴールドメッキをしました。

 

 

 

 

ピンクゴールドメッキ、初めてしましたが、思っていたよりずっと素敵です。

 

 

 

薄いピンクの石とピンクメッキのキラキラがとってもいい感じ。

 

 

 

で、こちら、生徒さんが娘さんへのプレゼント、で作りました。

 

 

 

石から削って。

 

 

 

はい、大事だからもう一回言います。

 

 

 

生徒さん自身で、結晶化した天然石の塊を切り出して研磨した石です。

 

 

なので、100%オリジナル。

 

 

すごいなー。

 

 

石の研磨にも興味ありありなのですが、とりあえず彫金に集中しないとってことで見ないふりをしてきたのですが、やはり自分の好きな形に研磨できるのはとっても魅力的。

 

 

 

これからも、いろんな世界を見せてくれることを楽しみにしています。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 16:48, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。初リメイク。

なんだか、自分のやることなすこと、関わっていること、全てがうまくいかず、自分が原因なものもあるけど、そうじゃないものも多々あって、自分に当たり散らしたりして、あ、これが自暴自棄か、と身をもって体感したのですが、いろいろと悩んで悩んで考えて考えて、ってしてたら、huluで配信された「古代の宇宙人」っていうのにドはまり。なんだか壮大すぎて、悩んでるのが馬鹿らしくなって、今宇宙人に夢中。

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

そういえば、いろいろとうまくいなかい、なんてことは、今に始まったことじゃないので、たぶん私、大丈夫です。

 

 

 

宇宙について話をしたい方、是非ご来店ください。5時間は離さないと思います(笑)。

 

 

 

さて、そんなこんなで、ブログを更新するテンションじゃなかったので、ご無沙汰しちゃったのですが、今日はちょっと前に完成していた、彫金教室生徒さんの「リメイクリング」で元気を出します。

 

 

まだまだ彫金を始めて日が浅いのですが、なかなかのセンスをお持ちのこちらの生徒さん。

 

 

お手持ちのジュエリーをばらして、それについていたダイヤを一粒使って、ピンキーリングを作りました。

 

 

 

 

グルっと一周ツタがはって、葉っぱの部分でそっとダイヤを囲んで、というイメージ。

 

 

 

初めてのワックス。初めての18金のジュエリーづくり。

 

 

 

ワックスをしたことがある方はわかるかもしれませんが、この細さは、なかなかの難易度です。

 

 

 

 

 

くたくたっとしたカーブに、ツルっとさせた表面。私だったら、丸っこく角を落としちゃうデザインですが、この角が残った感じ、とってもいいと思いました。新たな発見。

 

 

いい感じでしょ。可愛いです☆

 

 

 

愛情たっぷり。丁寧に丁寧に作ったのが、見ただけで分かります。

 

 

 

こちらの方もプロ志望。もともと作り手さんなので、吸収も早くて、今後がとても楽しみです。

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 17:35, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室ネコ好き生徒さんの作品。

前回のブログでご紹介した、土合駅の階段。

 

 

 

もちろん、下まで行ってみましたよ。往復800段くらい?

 

 

 

もうね、次の日足がガッチガチ。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

その次の日は、もっとガッチガチで、その次の日に、まさかのお尻が筋肉痛になるっていうこの驚異(脅威)の時間差。

 

 

 

他に要因があったことを願いつつ(記憶にはないですが)。

 

 

 

さて、今日はですね、彫金教室生徒さんの作品紹介。

 

 

 

彫金教室には、ネコ好きさんがたくさんです。その中でも、一挙手一投足にネコ愛が溢れている方の作品です。

 

 

 

 

大きなネコの顔がどーーんついたヘアゴム。(他のアイテムにも使える感じです)

 

 

 

目にはロイヤルブルームーンストーンが埋め込んであって、見る角度で色を変えます。

 

 

 

アゴクイしてみます(笑)

 

 

 

 

原型はワックスで作りました。造形がとても上手で、手先も器用。今後はどんなネコ作品を作るのか(ネコを作ると予想してます(笑))、楽しみです。

 

 

 

実は、これ、初の作品。

 

 

 

初めてにしてこのクオリティ。石を留めるツメに苦戦しましたが、何度もやり直すことで学ぶことが多かったと思います。

 

 

 

私だったら嫌になっちゃうくらい、何度も何度も挑戦されていました。こういう姿勢、とっても大事です。

 

 

 

次はきっともっとサクサクできるようになってると思います!がんばりましょう☆

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 16:56, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。

アルコールなしでイタリアンとか行って、前菜から単品で頼む、とかちょっと苦手。

 

 

 

食べたいものをピックアップするのはいいのですが、全体のバランスとか考えるとちょっと面倒。

 

 

 

だったら、プロに任せたい、こんばんは、ISDです。

 

 

 

昨日初めて行ったイタリアンが、コースとかセットメニューがなく。

 

 

 

メニューにないのに、思い切って「コースとかってないんですか?」って聞いてみたら、「お任せでできますよ」って。

 

 

 

なんと、パーフェクト。聞いてみるもんだね。

 

 

 

どれも美味しくて、私の好きな「ちょっとをたくさん」な感じで、とっても良かったです。

 

 

 

さてさて、今日はですね、彫金教室生徒さんの作品紹介。

 

 

 

去年「星」のつく苗字になられた方、「星」型の金のネックレスを作りたい、とのこと。

 

 

 

granelloのstardust のピアスのデザインを参考に、ちょっと大き目の立体の「星」を作りました。

 

 

 

 

 

 

こんな感じに立体。

 

 

 

 

こちらの生徒さん、今まで数は作っていないのですが、最初から「糸鋸」が上手でした。

 

 

 

糸鋸に苦戦する方は多いのですが(これが当たり前)、本当にびっくりするほどお上手。

 

 

 

 

この星型、糸鋸で切り抜いたのですが、これ、結構難しいです。

 

 

 

でも、こんなに綺麗に。

 

 

 

キレイに切れるようになるには、やっぱり距離を切らないと糸鋸と仲良くなれません。私なんて、たぶん、フルマラソンくらいの距離を切ってますよ、今まで。

 

 

 

 

糸鋸の刃は折ってもいいけど、心は折らないで。

 

 

 

 

と、励ます自前のフレーズをいくつか持っているのですが(笑)、もうね、星型の切り抜きの仕事がきたら、お願いしたいくらい、な腕前でした。

 

 

 

ちなみに、こちらのネックレス、星パーツもネックレスチェーンも全部K18イエローゴールド。

 

 

 

今も毎日胸元で光っているかしら。

 

 

 

一時の彫金教室ラッシュが今週来週あたりは落ち着きを見せており、飛び込み予約もOKですよ〜

 

 

 

ご興味のある方、是非。

 

 

http://wag-house.com/class.html

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 18:43, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品、ローズカットが映える!シンプルリング。

やさぐれて

 

持った糸鋸で

 

指を切る

 

血が止まらないよ

 

メリークリスマス

 

(字余り)

 

2016年初にして最後の川柳を詠んでみました、こんにちは、ISDです。

 

 

今年は早め早めにクリスマスのご注文に対応していたので、現在とってもおだやかな工房。

 

 

で、まさかの燃え尽き症候群?で、ふいにやさぐれて、来年のものにとりかかっていたら、指を切る、っていうね。まさかの血のクリスマスを迎えたわけなんですが、忙しくテンテコマイにしているほうが、私は調子がいいようです(笑)。

 

 

さてさて、本日は今年最後の、彫金教室生徒さんの作品紹介。

 

 

 

大きなブルートパーズ(スカイ)のローズカットのシンプルリング。

 

 

 

きれい☆

 

 

上手にフクリンで留まってます。

 

 

大き目サイズの石だと、ローズカットの可愛さも倍増ですね。

 

 

シルバー色と薄いブルーは相性抜群。

 

 

ローズカットのいいところは、カットの特徴から、小さい爪でがっちり留められるところ。

 

 

その特徴をばっちりとらえて、石の良さをしっかりと引き出してますね。

 

 

よくできました☆

 

 

 

こちらの生徒さんとはいろんなお話をするのですが、彼女もまた、大きな岐路に。来年は飛躍・変化の年になることを心から願っています。彫金歴も長くなってきて、彫金に関する目標も立っているので、全力で応援していこうと思います☆

 

 

 

そして、2016年もほんとあっという間に終わろうとしています。

 

 

今年は何をしたでしょうか。

 

 

・・・・

 

 

反省に反省を重ねて、来年度はよりよい一年にしていきたいと思います。

 

 

 

最後に、私の好きなドイツ語。

 

 

Einen guten Rutsch ins neue Jahr! (よいお年を!:【直訳】いい感じに新年に滑りこんじゃえ!)

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

 

 

【年末年始の営業のご案内】

 

12月26日〜1月10日までお休みをいただきます。

 

年内は25日まで、年明けは11日からの営業です。その間のネットでのご注文は、11日から順次発送いたします。

 

新年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

at 15:30, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。ダイヤの一粒ネックレス。

ブリジットジョーンズを観た。

 

 

こんばんは、ISDです。

 

 

今年一番の待望の映画だったのですが、久しぶりに声出して笑った映画でした(笑)。

 

 

 

久しぶりのブリジットは、下品度があがった感がありますが(笑)、相変わらず可愛かった。

 

 

 

ダニエルの扱いが謎だったんだけども、コリンファースが素敵。最後の展開もまぁそうなるだろね、とは思っていたんだけど、なんだか友達が結婚したみたいに嬉しくなっちゃいました。

 

 

 

にやにやしたり、げらげら笑えたり、ここ最近はやさぐれてることが多かったので、ちょっと元気になりました。

 

 

 

さてさて、もうひとつ気分があがるものは、ジュエリー。

 

 

 

教室の生徒さんがまたまたとびっきり可愛いネックレスを仕上げました。

 

 

 

初めてのダイヤ。0.1ctと存在感抜群。

 

 

三つ編みK18でぐるっとダイヤを囲みました。

 

 

 

なにこの可愛いさ&とっても似合う。

 

 

 

 

ね。

 

 

もう100点でしょ。

 

 

 

この大きさのダイヤになると、やっぱりそれなりにお値段はしちゃいます。

 

 

 

 

でも、ダイヤに限らず、「今自分で買えるものが一番似合う」と思っている私ですが、なかなか説得力があると思いませんか?

 

 

 

誰かにもらうのも嬉しいですが(本音(笑))、自分で買うのとまたちょっと違う種類の嬉しさですよね。

 

 

 

と、いうわけで、こちらの生徒さん、現在可愛いものをまたまた量産中。

 

 

 

仕上がりが楽しみです。

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 18:10, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。ピアスとネックレスのセットアップ。

no soks, J life

 

 

FMを聞いて、久しぶりに卒倒しそうになりました。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

お察しの通り、MCが石田純一のラジオでした。

 

 

 

もうね、タイトルのインパクトが強烈すぎて内容が入ってこなかったのですが、面白いのを通り越して(一応一旦爆笑)、石田純一の人の良さがひしひしと伝わってきましたよ。どんないじりにもびくともしない、みたいな。

 

 

 

 

番組の最後に、チャオって言ってた(言わされてた)(笑)。

 

 

 

 

さて、今日は先日完成した、ピアスとネックレスのセットアップ、バラのジュエリーです。

 

 

 

 

バラの中心には、石が入っています。

 

 

 

初めての作品、やっぱり自分の好きなモノ、欲しいものがいいですよね。

 

 

 

画像の色味で、ピアスとネックレスの石の色が同じに見えますが、同じ赤系ですが少し色味を変えてあり、小さいながらもこだわりがキラリ。

 

 

バラモチーフの上品なデザインを、いぶしを入れて、少しかっこいいカジュアルな印象をプラス。

 

 

 

素敵ですね。

 

 

 

次回は、ゴールドのジュエリーに挑戦する予定☆こちらも楽しみです。

 

 

 

 

彫金教室の詳細は、こちらをご覧ください。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 15:15, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。切り抜きヘアゴムパーツ。

ひょんなことからいただいた、コーラ味のチョコ。

 

 

なんかね、不思議ではまりそう。シュワシュワする飴みたいなのも入ってて、炭酸感も再現。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

なんかね、味もさることながら、話題性のスタートダッシュだけにかけてる、みたいな必死感と遊び感もなんともいえない。

 

 

 

ガリガリ君みたいね(笑)。

 

 

 

さてさて、この仕事を始めて、いろんな方に会うのですが、とても素敵な生き方をされている方、たくさんいらっしゃいます。

 

 

 

こちらの生徒さんもその中のひとり。

 

 

 

あらたな切り口で、彫金教室にご入会いただきました。

 

 

 

初めての作品がこちら。

 

 

 

 

鹿のシルエットを切り抜き。後ろにヘアゴムを通せるようなパーツをつけました。

 

 

 

真鍮板を糸鋸で切り抜きました。糸鋸ともだんだんと仲良くなりつつあり。

 

 

 

角には、角っぽい質感がでるようにひと手間かけてあります。

 

 

 

手先も器用で、今後が楽しみです。

 

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

お知らせ:明日30日の営業は、都合により、14時〜19時です。よろしくお願いいたします。

 

at 15:31, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

彫金教室生徒さんの作品。初のゴールドネックレス。

ハロウィンに続き、オクトーバーフェストもなんだか日本に根付きはじめてるみたいですね、、。

 

 

 

こんばんは、ISDです。

 

 

 

各地でちょこちょこやるんじゃなくて、自治体とかが合同で、ミュンヘン並みのでかいイベントにすればいいのに、と思いつつ、ただ海外のマネばかりしているんじゃなくて、日本酒や焼酎の祭りなんかをそれこそミュンヘンの規模で豪快にやればいいのに、とも思いつつ。

 

 

 

日本酒普段飲まないけど、そういうのがあったら、行きたい。正直ビール好きだけど、積極的に日本のオクトーバーフェストには行きたいと思わないのよね。

 

 

 

 

日本人もそろそろ海外のイベントを意味なくマネることに飽きてくるころなんじゃないかな、と思うのは私だけか。

 

 

 

 

外枠をもってきて、中身を充実させるっていうのは、日本人は昔から得意なはず。

 

 

 

って、ジュエリー屋が言っててもしょうがないのですが、実は日本酒を覚えたいだけなんじゃ?っていうのは、中らずと雖も遠からず。

 

 

 

 

さて、今日はですね、先日、初の18金ジュエリーに挑戦した生徒さんの作品紹介。

 

 

 

 

一見シンプルなデザインなんですが、結果的にとっても難易度の高い作業内容になってしまった、そしてそれを難なくクリアーし、確実に腕を上げたのが目に見てわかる、そんなネックレスです。

 

 

 

 

 

 

 

ブルートパーズをベースに、ルビーが揺れる、K18のネックレス。

 

 

 

 

これですね、ブルートパーズがローズカットなんですが、どうですか、この透明度。そうなんです、石座の底の部分がギリギリまで削ってあるんです。ローズカットも直径3个両さいサイズ。

 

 

 

 

つまり、石が留まるか留まらないか、ギリギリの攻防があったわけなんです。1回で成功しないと、次は作り直しか、、っていう状況下、見事、留められまして、ほぼ、ブルートパーズの縁に沿った形で留まっております。それがあっての、この透明度。光を一般的な石座よりもより多く取り込めて、このきれいさ。これ、とっても難易度が高いです。

 

 

 

マルカンも初めてということで、少し大き目に作ったのが功を奏したのか、隠れ○ッキー(笑)みたいになって、チャーミング度がアップ。

 

 

 

もうね、0.1mmくらいの小さい単位の中で、こんなに興奮できるのは、おそらく、西片貝5丁目で私の右に出るものはいないんじゃないかっていうくらいの、この精密な作業。もうね、自分で作業をしてなくても、くーーーーーってなる(←たまに変態って言われます(笑))。

 

 

 

 

実は、これと同じデザインで石違いのものを、ひとつ前にお母さんへの贈り物で作った(素敵☆)ので、実際は2つめなのですが、やはり2回目だと格段に精度がアップしますね。

 

 

 

マルカンも全部ロー付けしてあります。

 

 

 

きれいなトパーズ、うらやましいです☆

 

 

 

次回作も楽しみ。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

at 18:39, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -