<< 新作エタニティリング。 | main | 新作マリッジリング、trace ring >>

エタニティブーム、到来(ワグハウス内)。

先日に引き続き、エタニティ熱が冷めません。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

私がエタニティ、エタニティ、騒いでいるもんだから、彫金教室の生徒さんも、エタニティに挑戦する方が続出。

 

 

 

エタニティリングとは、英語で「永遠」を意味し、石がぐるっと1周入ったリングのこと。一般的には、同サイズ・同カットの石がぐるっとシンプルに1周留まったリングを定義するようですが、それでは誰が作っても同じになってしまうので、石が入った小さいかたまりの連続でぐるっと1周っていうのが私流。

 

 

 

そして、本日も新たなエタニティリングに朝から石を留めていたのですが、ラスト一つ、というところで、指を工具でグサっつとやってしまい、流血騒ぎで作業は強制終了(涙)。なんだか、昨日の9回裏2アウトで、勝利を確信してからのサヨナラ負けをした、あの球児たちの気持ちです(規模が違う(笑))。

 

 

 

ですが、気を取り直して、先日完成したエタニティリングのご紹介。

 

 

今回は、特にデザイン画(落書き)を描くこともなく、デザインを想像することもなく、エタニティ熱にまかせて(何か作りたいっていうだけで)とりあえず手を動かしていたら、あら、素敵なのができた、という感じで作ったもの。

 

 

 

こちら。

 

 

 

石は少なめですが、とっても華奢で、可愛いのができた☆

 

 

 

 

石と石の間を、アーモンド形にえぐったデザインなので、リングの表面にカーブのかかったオウトツがあり、光が当たることにより、シンプルながら目線に動きのでるリングになりました。

 

 

 

付けてみるとこんな感じ。表面がごつごつした感じですが、全体的に華奢なので、それがポイントに。地金の輝きも楽しめるリングになりました。

 

 

 

幅は1.5mm。重ね付けにもおすすめです。

 

 

 

こちら、華奢なので、プラチナよりはK18でのお作りがおすすめ。

 

 

 

石の大きさやリングの幅、石の数も調整できます。

 

 

 

画像の見本は、1.5mm幅、ダイヤ10石、K18、13号で、価格は55000円。エタニティのラインナップの中では一番カジュアルかつ一番価格が抑えてあります。

 

 

 

こちらも、後ほど、ウェブにアップ致します。

 

 

 

さて、今作ってるエタニティ、怪我を押して進めるか、将来(数時間後)を考えて無念の休息をとるか、とか言ってる間に、彫金教室(試合)の時間が。

 

 

 

ベンチをあたためて、声援を送ることにします。

 

 

 

それでは、みなさま、かっとばせ、じゃなかった、ごきげんよう。

ISD

at 13:37, waghouse, 商品情報。

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.wag-house.com/trackback/1254