<< 新作ネックレス、箱詰めペアシェイプ | main | 夏物洋服入れ代わり。 >>

新しいお気に入り。

先日、店の前の木に巣を作っている(であろう)野鳥の子供を保護しました。

 

 

 

あんまりまだ飛べない感じだったから巣から落ちちゃった模様。で、駐車場とかうろうろしてるし、なんならこのあたりはネコもいるし、しかも親鳥の気配はないし、よく見ると弱ってるしってことで、一晩店内で保護しました。

 

 

 

餌も食べないし、どうしたものかと心配していたところ、次の日に探しに来た(?)親鳥に無事に引き渡した(?)のですが、最近は親鳥もその子供も気配がなく。

 

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

いなくなっても元気で飛び立ったのならいいのですが、なにせここ数日のやばい暑さが来てからいなくなった、っていう、ちょっと心配な状況。あんなにキーキーうるさく鳴いてたのに。涼しくなって戻ってきてくれるといいなぁ。心配です。

 

 

 

野鳥を保護するって、初めての経験だったのですが、何が正解かわからなかったです。私があげた餌は食べないし、でも親は見た感じ育児放棄(その時はね)。でも、親子が再会したときは、親が餌をあげてました。ちょっと感動。

とはいえ、自然界では小鳥が巣から落ちるなんてことはたぶんよくあることで、そこに人間が手をだしていいのか。でもじゃあ保護したところで、野生に戻せるようにしてあげられるのか、そもそも餌を食べてくれるのか、でも目の前にある危険にさらされてる命を放っておけるのか、などなど、なんだかいろんなことを考えました。最終的に、目の前の命を保護するって決めて行動にでたのですが、未だ正解はわかりません。

 

 

 

ただ、ひとつ正解だったのは、餌にミミズとかワームを買わなくてよかった、ってことくらいでしょうか(笑)。でも、小さい袋が売っておらず、やむを得ず買った1kg入りの鳥の餌の袋(残量約995g)を見るたびに、いろんな感情がこみ上げてきます(笑)。

 

 

 

 

どなたか、欲しい方いたら差し上げます。九官鳥用のカリカリの餌、パッションフルーツ味です(笑)。

 

 

 

 

っていう、道徳の教科書に載りそうなことが起こったわけですが、引き続き、バードウォッチングは続けていこうと思っています。

 

 

 

 

さて、たぶん誰にも気づかれていないであろう、私の密かなコレクションがひとつ増えました、っていう自慢をここで一発(笑)。

 

 

 

 

骨董屋さんで一目ぼれ。薄いグリーンがとってもきれい。グリーン系のランプはお初です。

 

 

 

骨董屋さんのおじさんがうっかりで、表示価格よりもだいぶお安く譲ってもらえました。ムフ。

 

 

 

最近、こういうちょっとだけ和テイストが感じられるものが好き。

 

 

 

そういえば、その前に買ったやつもその前のも、大正〜昭和初期くらいのランプだったかも。欧米のザ・シャンデリアみたいなやつより、品があって趣があるデザインが多いのよね。個人的な好みだけど。

 

 

 

あー可愛い。癒されます。

 

 

 

そして、密かに店内もちょこちょこ変えてます。アジサイも干し終わり。

 

 

ちょっとすっきりさせていこうかなーと。

 

 

 

作業の合間にやってるから、いつ完成になるかは不明です(笑)。

 

 

 

でも少しずつね。

 

 

 

暑い日が続きますが、お身体ご自愛ください。

ごきげんよう。

ISD

at 17:21, waghouse, wagのこと

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.wag-house.com/trackback/1322