<< くたくたひねりピアス | main | ワグハウス9周年企画〜オトナの二人展 >>

ピンクのジャケットと英会話教室とダリアのネックレス

ピンクのジャケットがとっても似合う人がご来店。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

ピンクのジャケットですよ!!そんじょそこらの人じゃ無理じゃないですか!!

 

 

 

腰が抜けるかと思うくらい素敵な方でした、で、ワグハウス店内が一気に南仏の香りが漂ったわけなんですが、どこからいらっしゃったんですか?と聞いたら、フランスから、と。

 

 

 

ビンゴ。

 

 

 

フランスの方で、グレー混じりのスーパーダンディなもんだから、久々手が震えました(笑)。

 

 

 

 

で、ピアスの説明をしたら、かわいいってメチャメチャ素敵な笑顔で言ってくれるもんだから、もうね、次は膝にきましたよ。

 

 

 

 

で、ですね、ここで、言語フェチなわたくし、フランス語も少々(超カタコトあいさつ程度)嗜んでいるわけなんですが、ちょっとここはフランス語で話してみようか、と思った矢先、あまりにフランス語の響きが好きすぎてだいぶ誇張しているらしくフランス人の友達に、「フランス語のアクセント強すぎ」って突っ込まれた過去を思い出しまして。

 

 

 

こんなダンディな人の前でそんな面白フランス語を披露するわけにいかない、いや、ここは思い切って笑いをとりにいくか、と葛藤していたわけなんですが、ダンディの前に完全敗北。女であることを取ってしまったわけです(笑)。

 

 

 

まぁ、日本語がお上手だったからね、あえて、ね。

 

 

 

と、いうわけで、不意打ちでたまに全身から崩れ落ちることもあったり(笑)、たまにですが外国からのお客様もいらっしゃることもあるここワグハウスなんですが、こんな立地でも国際化の波を少しずつ感じてきてはおります。

 

 

 

国際化ついでに少しだけ今思っていることを。

 

 

 

 

今はジュエリーをメインでやっておりますが、そろそろ語学関係の方も少し表に出していこうかなと密かに画策しております(英会話教室を今もひっそりやり続けて早3〜4年は経ったかな)。もともとは、外国語の畑の人間ですので、どちらかというと、こちらの知識の方がしっかりしてる(笑)、というか、若い時に必死でやったことは、今でも忘れない。そして、一応翻訳の仕事もしていたので、語学の知識でお給料をもらっていたこともあったわけで、ただの言語フェチではない、筋金入りなのです(笑)。

 

 

 

英語だけじゃなくて他の言語も学んできたから、英語を外国語と捉えてもっと多角的に「外国語を話す方法」を教えられるんじゃないかなーと。

 

 

 

で、この視点から教えられるのは、たぶん他にあまりいないんじゃいかな、と。で、その視点が実は「話せる」近道だと、私なりに確信しているのです。

 

 

 

専業から、複業にシフト、そんな時なのかもしれないなー。

 

 

 

っていう、これからの生き様をうっすら考えているわけなんですが、それには様々なそれはそれは様々な(笑)問題が山積みな分けで、でも人生一度きり。

 

 

 

こののびのびとストレスフリーに開店以来生きて来たわけなんですが、そろそろ少し自分にプレッシャーをかけてみようかな。

 

 

 

それもありです。

 

 

 

 

なんかね、ピンクのジャケットの方と少しだけ接したら、急に思いの丈を文章にしてみたくなったわけです。

 

 

 

 

長い独り言だと思ってください。

 

 

 

あ、で、いつもの追加紹介ね。雑?(笑)

 

 

 

ダリアのネックレス、追加しましたー。今、ピアス(フックとポストタイプ)、リング、ネックレス、全部揃いました☆

 

 

 

リングも、品切れにならないように、まだまだ追加制作中です。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

 

 

密かにアクセス増えてます☆

ワグハウス分家ブログ、「ジュエリーデザイナーの頭の中」。現在進行形で頭の中を公開中!

今進行中のリングははたしてどうなるか!?

at 14:16, waghouse, 商品情報。

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.wag-house.com/trackback/1415