<< 二人で作る結婚指輪、シンプルプランを作りました。 | main | 9周年。 >>

彫金教室生徒さんの作品。和柄が素敵なセットアップ。

久しぶりに糸鋸で指を切ったのですが、初めて「液体ばんそうこう」なるものを使ってみました。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

普通のばんそうこうだと、作業の邪魔だし、作業してると汚くなるし、、、ということで、期待大。

 

 

 

でもね、はがす時に、また傷が開いちゃう。で、また液体ばんそうこう、で、また傷が開いちゃう、っていうエンドレスなのですが、いつか自分の治癒力がそれを先回りする時がくるのを待つしかないのでしょうか。

 

 

 

この治癒力スピードの減速はなはだしいのは認めざるを得ないのですが、液体ばんそうこうがはがれるグラフをXとして、治癒力スピードをYとする。そして、液体ばんそうこうが乾くまでの時間を+bとして、そのXとYが交わる箇所が完治(まさかね)。

 

 

 

と、適当な関数をフィーリングで作っているのですが、私は一体何を言っているんでしょうか。

 

 

 

 

そう、全ては、この暑い夏のせい。

 

 

 

 

でも、この出来栄えの素敵さは、暑さのせいでもない。彼女のセンスです。

 

 

 

彫金教室生徒さん作品。

 

 

これはね、頑張りました。とーーーーーっても頑張りました。

 

 

 

その頑張り、仕上げの丁寧さ、技術力、手に取るようにわかります。

 

 

 

このモチーフを複製して、親指のリングも製作。

 

 

 

フリーサイズで少しらせん風なので、とっても着けやすい。

 

 

 

和柄なので、今の時期ゆかたにも合いそうですね。

 

 

 

そして、ただいま、このネックレスバージョンも製作中。

 

 

 

セットで着けるととっても素敵。楽しみです☆

 

 

 

 

ホームページの「生徒さん作品」も更新しました。

  

 

 

是非ご覧ください。

 

 

 

ごきげんよう。

ISD

 

 

・「オトナの二人展」好評開催中!!11日までwag house店内で開催中です、この機会に是非ご覧ください!

・ なんと、また違うものを作り始めた?!「ジュエリーデザイナーの頭の中」こちらも好評更新中です☆

at 11:38, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.wag-house.com/trackback/1422