<< 彫金教室生徒さんの作品 | main | チョコミントリング、その後。 >>

オーダーの品、「浮遊」ダイヤのシンプルリング

「あなたの番です」にすっかりはまって、自分なりに犯人捜しをしております。

 

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

 

xx実は○○説、xx二重人格説、などなど、ネットでもいろいろ出てますね。

 

 

 

 

でね、私がずっと前から推しているのが、「マナカナ双子説」(説ではないけど(笑))。

 

 

 

 

袴田吉彦の扱い方もあるので、この説も案外いけるのではないか、と。

 

 

 

 

今ドラマに出ているのが、マナなのか、カナなのか。

 

 

 

 

毎回入れ替わっていたりして、、、。最近、ちょっとヒステリックなやばい感じになってるしね、どんでん返し的にはまんざらなしではない展開だけど、広げきった風呂敷をたたむにはちょっと(だいぶ)弱いか(笑)。

 

 

 

 

その辺は秋元康の力技でなんとか。

 

 

 

 

とりあえず次回、横浜流星くん(はぁと)が無事であることを祈って、、、(そういう目線でも見てる(笑))。

 

 

 

 

さて、「マナカナ双子説」を予言しておいて(笑)、今日はオーダーリングのご紹介。

 

 

 

 

シンプルな、ダイヤモンドの一粒リング。

 

 

 

 

でもこのダイヤモンド、「浮いて」ます。

 

 

 

ちょっぴり大きい石座に、ダイヤを「浮かせて」留めます。

 

 

 

こうすると、ダイヤの両脇からぐいぐい光が入ってきて、石座も大き目に作るので、ダイヤが大きく見えます。

 

 

 

というか、ダイヤのポテンシャルを最大に生かす、というか。

 

 

 

 

 

この浮かす留め方、大好き。

 

 

 

誰に教わったわけでもなく、こうしたら可愛いなーっていうのを試行錯誤したら「浮かせる」ことに成功。なので、オリジナルなのかな、まぁ、正統派(学校で教わるような)な作りじゃないと思うからそうなるかな。

 

 

 

何気に浮かしているデザインのものはオーダー品に使うことが多くて、石がきれいに見える、とお客様から好評です。

 

 

 

このリングのご依頼主さまも、この「浮かす」タイプのリピーターさまで、今回も「浮かして」光をたくさん取り込めるように、とのご所望でした。

 

 

 

改めてみると、いいなー、これ。

 

 

 

石に高さが出るデザインも可愛いですよね。いわゆる「立て爪」ほどではなく、ほどほどに背が高い感じね。

 

 

 

ラインナップに入れようかなー。

 

 

 

わくわくしてきたので、今日はこの辺で。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 11:32, waghouse, オーダーの品々

comments(0), trackbacks(0), - -

comment









trackback
url:http://blog.wag-house.com/trackback/1430