<< gems arc ring 2019最後の新作。 | main | トリビュートリング >>

彫金教室生徒さんの作品。

なんだかね、2019年はあっという間でした。

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

忙しく過ごしておりましたが、何をしていたのか。

 

 

 

振り返ると反省点が多い1年でしたが、それを来年に生かすことによって、今年を結果的にはいい年にしよう、と、過去を未来に託す、というかね、そんな2020を迎えようとしているわけなのですが、みなさまはいかがでしょうか。

 

 

 

 

ある生徒さんの話。

 

 

 

とっても素敵な世界観を持っています。

 

 

 

素敵な絵本をたくさん知っています。素敵な作家さんをたくさん知っています。

 

 

 

素敵なこだわりがたくさんあります。笑顔がとってもキュートです。

 

 

 

そんな彼女が、初めてのワックス作品に挑戦。

 

 

 

彼女の好きな絵本に出てくる「鍵」を作りました。

 

 

 

 

明日の扉を開ける鍵。

 

 

 

自分の殻を開ける鍵。

 

 

 

忘れていい過去を閉じ込める扉の鍵。

 

 

 

何の鍵でもいい、鍵をひねって扉を開けてみよう。

 

 

 

彼女のこの鍵は、不思議な力が。

 

 

 

この鍵は確実に未来の扉を開け、彼女にミラクルを起こしています。びっくりするミラクルが。

 

 

 

世界がぐわーーーっと広がっていく話を聞いて、私もわくわくする。

 

 

 

楽しそうに話してくれる。自分の努力の結果だってこと知ってか知らずか。

 

 

 

2019年もあとわずか。

 

 

 

さあ、2020の扉を開けよう。

 

 

 

あなたにもわたしにも、魔法の鍵がどこかにあるはず。無敵の鍵が。

 

 

 

 

生徒さん、今年も素敵な作品と楽しい時間をありがとう。

 

 

 

ワグハウスを気にかけていただいている方、今年もありがとうございました、引き続きどうぞ御贔屓に。

 

 

 

シンプルで、ありふれた言葉なのであまり使いたくないのですが、どうもこれが今一番しっくりくる。

 

 

 

来年も頑張ります。

 

 

 

よいお年をお迎えください。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 12:40, waghouse, 彫金教室のこと

comments(0), -, - -

comment