<< 6月2日より、通常営業になります。 | main | オリジナルジュエリーケース >>

違うウィルスと戦ってました。

今月から1か月半ぶりの通常営業!と、はりきっていたのですが、今週火曜日から本日まで急遽お休みを頂いております。

 

 

 

 

こんにちは、ISDです。

 

 

 

実はですね、違うウィルスと戦ってまして。

 

 

 

コロナとはいい距離を保って折り合いをつけているのですが(なんのこっちゃ)、そっちに気を取られていたのか、急にですね、目の周りにぶつぶつが大量発生しまして。それはもう大量に。

 

 

 

で、ヘルペスとの診断。

 

 

 

ウィスル性のあれです。

 

 

 

でね、弱っていたせいか、止まらない微熱。(微熱ってとこがポイント)

 

 

 

直接手で触ったりしたり、ほおずりしたり、同じタオルを使ったり、などなど患部と直接接触しなければ特に周囲に感染することはない、とは言え、一応感染する、っていう可能性もないわけじゃない、というのと、微熱も止まらないので、思い切って1週間店の営業はやめることにしました。

 

 

 

あとね、消毒でもらった消毒液が、イソジンのうがい薬のあの色。で、洗い流さないでそのまま薬を塗ってね、とのことだったので、終始目の周辺が茶色い、っていうね、自分では面白かったんですが、見た人が気を遣うでしょ、っていうことで、自己隔離。外に出るときは、帽子を目深にかぶってマスクをしてね、ほぼフルフェイス状態。

 

 

 

両目も腫れちゃって、いつもの一重も相変わらず一重なんですが(笑)、腫れぼったいし、人相最悪。

 

 

 

でね、ウィルス性のやつはね、痛いんですよ。一番ひどかった時は、夜も眠れないくらい。

 

 

 

なので、一日に何度も顔を茶色にしては薬を塗り、を繰り返して、繰り返して、繰り返して、数日。微熱のけだるさもだんだんと解消されていきまして。

 

 

 

ようやく本日、もう大丈夫そうだね、とお医者さんからのお墨付きをもらいました。

 

 

 

そして、ようやく一重もくっきり(うっかり二重にならないかなと期待していたけど(笑))、いつもの顔に戻りつつあるので、明日から通常営業に戻ります。

 

 

 

と、言うわけで、コロナ禍の影で、まさかの違うウィルスと戦っていたわけなのですが、実は以前帯状疱疹になったことがあった時と、今の状況が似ているな、と。

 

 

 

 

予期せぬ理解できない事象が自分の身の周りに起こると、なんとかしようととりあえずもがきます。状況を打破しようと頑張ります。で、だんだんその状況に慣れてきて、そして、その道のゴールが見えてきて安心したところで、ウィスルに感染してぶつぶつが出る、というパターン。

 

 

 

はい、前回はイタリアにいた時ね、そろそろ帰国しようと決めたら帯状疱疹が出ました(笑)。

 

 

 

そして、今回はコロナ。

 

 

 

なんとなくパターンが見えてきたので、次回は予防できそうです(っていうか、こんな状況は二度とご免ですが(笑))。

 

 

 

 

長くなりましたが、13日から営業再開します。

 

 

 

出来る限り無菌状態にして(笑)、お待ちしております。

 

 

 

それでは、みなさま、ごきげんよう。

ISD

 

at 15:31, waghouse, ISDのはなし

comments(0), -, - -

comment